異常と正常の違い|臭いのケアの助けになってくれる|知りたいおりもののこと
ウーマン

臭いのケアの助けになってくれる|知りたいおりもののこと

異常と正常の違い

困る女性

おりものの量が増えるとパンティライナーを常に装着していなければならないケースもあり、そうなると臭いを発生しにくくするために頻繁に生理用品を変える必要性も出てきます。きちんとケアしていれば臭いはあまり人に伝わるものではありませんが、もし異常を感じているなら病気を疑った方が良いかもしれません。自分でも強烈な臭いを感じる、人に指摘されたのであれば、婦人科のクリニックで診てもらうことも大切です。特に、おりものの量が増えて下腹部が痛くなってしまうときは要注意だといえます。女性には生理がつきものですし、それによっておりものが増えてしまうことが多いですので、ちょっと臭いのする体液が出たとしてもあまり気にしない人が多いです。しかし、異常があるものと正常な体液の違いを知っておくことが大事です。

臭いが多少あっても病気があるとは限りません。アポクリン汗腺が集まる陰部周辺においては、チーズのようなきつい臭いがするのは当然だからです。しかし、いつもと違う強い臭いがした場合は、体力の低下による細菌性膣炎を発症していることも予想されます。それにプラスしておりものに何かが混じっている色があるなら、性病の発症や細菌が発生していることが疑われます。不正出血が一緒に出ているなら子宮内に異常があるか、クラミジアという細菌に感染していることが疑われます。出血だけでなく、黄色いおりものが出ていることもそのサインです。体内に細菌が発生して白血球がその細菌を攻撃していると、黄色や白、緑色の体液が出る場合があるので、そうなった場合は自分だけで対処するのではなく、クリニックで相談しましょう。